「がん保険」の基礎知識

医療保険は、死亡保障よりも病気やケガによる入院・手術などの保障に重点をおいた保険であり、医療に対する保障を目的としています。

死亡給付金、満期保険金は無いか、あっても少額というのが一般的で、掛け金は掛け捨てが主流です。
その医療保険の中で、がんに特化した物が「がん保険」です。

「がん保険は」様々な商品がありますが「がん診断給付金」「がん入院給付金」「がん手術給付金」「がん死亡金」などが概ね共通して保障されます。
「がん入院給付金」の場合は、入院第一日目から支払いが行われ、入院日数に制限なく支払われるのが特徴です。

特定疾病保障保険は、給付金が支払われると契約が消滅しますが、「がん保険」の場合は給付金の支払いが生じても契約が継続します。
「がん保険」は保障ががんに限られているために支払い保険料は、他の医療保険と比べると一般的に割安に設定されています。

様々な商品、それに付帯する様々な特約もありますので、保険料と保障内容をよく理解して加入することが肝要です。

保障の開始までに、3ヵ月または90日間の免責期間があり、免責期間にがんが見つかった場合は、その時点で契約は無効となり保険金は支払われません。
そのためになるべく早い段階からがん治療に対する備えとしてがん保険について検討しておくべきです。愛媛県行ってみない?