がん保険を選ぶ時のポイント

生命保険には入っていて、入院給付や手術給付もあるけれど、がん保険の特約などはつけていない、という人も多いと思います。
自分の生活設計をしてそれで問題なければよいのですが、今や3人に1人がガンにかかる時代です。

ガンにかかって絶対に治そうと思うと、高額治療などを受けることを選択することになり、通常の手術給付や入院給付では足りなくなってしまうことも多々あります。
そういうことにならないように、生命保険とは別にがん保険に追加で入る人も最近では増えています。

調べるとがん保険はいろいろな会社から出されていますが、その中でどれを選べばいいのかのポイントを紹介します。

1番チェックしたほうが良いものは、上皮内新生物を保険の対象にしているかどうかです。
上皮内新生物とは、上皮の内側にできているごく初期状態のがんです。
放置しておけば進行して悪性新生物(本物のがん)になる可能性がありますが、治療すれば再発や転移の危険性がほとんどないことから、保険会社によっては対象外としているところもあります。

しかし、リスクは0ではありませんし、治療費もかかるので、上皮内新生物であっても保険の対象として、がんと同額を受取れるタイプのがん保険のほうがよいでしょう。
がん保険を選ぶ時には上記をチェックするようにしてください。愛媛県行ってみない?